趣味でもある読書をするための下準備。

趣味が読書でもある私は時間ができると本を一気に読みたくなる性分をしています。読書というからには勿論、活字を読んでいくのですが人に言わせると私は読む速度が著しく早いらしく本当に読んでいるのか、とよく言われます。勿論読んでいるのですが本の世界に入り込んでしまうとあっという間に一冊を読んでしまいます。なので集中しすぎるのもどうなのだろう、と思います。本だって決して安くないのだからあまり一気に早読みしてしまうと勿体ないなとも思います。でも本は自分の速度で読まないと面白くありません。

最近は推理小説ばかり読んでいます。作品の中で探偵が犯人を当てる前にトリックが分かったりすると本当に嬉しいし、よっしゃ、と思う事もよくあります。日本の推理小説も最近では新本格派が多く発表されています。知らない内に本棚には好きな作者の本が並ぶようになりました。好きな作家の本は新しい物を手元に置きたいと思います。何度も読み返すものだから余計にそうです。そうでないのなら古本屋の本で十分なのですが好きなものに関しては妥協できません。

活字を読む事が苦手だという人も多いですが、本の世界というものは独特で自分だけの世界に浸れる事ができるので私は大好きです。時間があってずっと読書の時間が取れる時はひざ掛けと飲み物を用意して座椅子にゆったりと座るための準備も必要です。いい気分で読書をするために快適な環境を作る事も趣味を満喫するには必要な事だと思います。