下呂温泉での出来事。

愛媛県の道後温泉から岐阜県の下呂温泉へ会社からの依頼がありヘルプに来ていましたが、4月のある日出勤したところ事件が発生していました。派遣でここまで勤務してきた調理従業員が失踪しました。経緯として、彼は車で下呂に来ていましたが、その車が車検に出していなく兄から無断で借りていたらしく、その兄から捜索願いが出た模様です。

この日彼はそれを察知したのか、無断欠勤します。そこで支配人が出勤しない彼に連絡を取りましたが、当然電話に出ません。そこで警察とともに彼の部屋に乗り込んだところ押入れに隠れていました。その後警察に連行されますが、警察としては捜索願いが出ていたので、存在が確認でき、それを報告すればいいだけで、その後釈放された彼はその車を使って住まいから逃げ出してしまいます。

人員不足で支配人自ら厨房に立っている現状では逃げた従業員の消息を追う事はいらない労力なのでそれ以上感知することなく、結局一人欠員状態でその日は何とか旅館を運営させました。人員が少なく県外から派遣会社を通して人を雇ったところで頭数は揃いますが、その人物の素行などは調べようがありません。それから見て人はやはりしっかり面接して人となりを判断して雇ったほうがいいと感じました。ただ下呂のような地方でしかも過疎化が進んでいる地域では難しい問題なのかもしれません。きつい状況に遭遇した日となりました。