一緒に手作り…どころじゃなかった

こどもと一緒にクリスマスの飾りを作ろうと、100円ショップで材料になるものをしこたま買い込んできた。

雪だるま用の毛糸やフェルト、ボンドや折り紙、リースの土台やビーズなど。

一緒に作るの楽しいだろうな…とワクワクしつつも、頭のどこかでわかっていたことなのだけれど…

さあ作ろう!と材料をテーブルの上に出したとたん、わが子は目をキラキラさせて「これこれ!ちょっと貸してくれるー?」とビーズに手を出して机にぶちまけ、毛糸をとにかく引っ張り出して遊び始めた。

あぁ…そうなるよなぁ、やっぱり。

私にとってそれが何かを作るための材料であっても、彼らにとっては一つ一つがたまらなく魅力的な遊び道具なんだ。

クリスマスまでに雪だるまやリースになって飾れるときが来るのかちょっとわからないけれど、夢中になって遊ぶ我が子を見ながら「まぁいっか」と呟くと何とも言えない幸せな気持ちになった。