週に一度のおばあちゃん孝行の日。

今日は週に一度のおばあちゃん孝行の日だった。お母さんの運転でおばあちゃんの家に迎えに行き、私とおばあちゃんが後部座席に乗る。この辺りは山ばかりで何もないところだ。だからちょっと買い物に行くにも30分も車を走らせなければならない。80過ぎのおばあちゃんの買い物を手伝う、それが私のおばあちゃん孝行である。本当にちょっとした、大したことのないことだけど。
行きは楽しく近所や親せきの人のうわさ話をして過ごし、買いものが終わると帰りはおばあちゃんがワンカップを飲んでいる。毎回最後に一本買うのだ。車に揺られながら日本酒を飲むとはすごいばあちゃんだなといつも思うが、いつも愉快に酔っぱらっている。今日も、若くていいオトコいなかったなーと言っていた。おばあちゃんには私にいいオトコ紹介して、とお願いしておいた。また来週もちょっとしたおばあちゃん孝行をする。いいオトコを紹介してもらうのが楽しみだ。